国内トライアスロンに初参加時の準備した持ち物・必要な道具チェックリストまとめ

こんばんは。 先日トライアスロンに初参加してきましたMAKIKOです。

 

トライアスロンは、スイム+バイク+ランと3種目あるので、たくさんありますね!

 

もちろん、なにか持ち物が足りていないと、せっかく練習してきたのにレースに出られなくなってしまうこともあります。

初トライアスロンで準備物が問題ないか、ドキドキして準備することもあると思います。

そんなときに、「きっと役に立つ!準備チェックリスト」を作成していたので、ご紹介させていただきます。

忘れ物なく、安心してレースを迎えるために、よろしければ参考にしてくださいませ(^^)♪

※記載したもので不要なものもあると思います。
※また、このほかにも必要なものがあるかもしれません。
※参考としていただき独自に準備チェックリストを作成していただければと思います。

1 国内のトライアスロンの持ち物『事前チェック』

 

国内トライアスロン:トライアスロン全体を通しての準備「チェックリスト」

・腕時計(防水)
・ティッシュ(トイレに紙が、ないこともある)
・ハンカチ(日常)
・スポーツタオル・海水や体を拭くウェットシート(あると便利です)
・日焼け止め(日焼けは、疲労にも繋がります)
・リップクリーム(乾燥対策)
・メイク用品は、ウォータープルーフの眉ペン等(眉はあったほうがいい自論です。)
・携帯充電器、携帯電話 i phone(レース中は不要)
・健康保険証(念のために持参)
・参加票(郵送などで事前送付があった場合)

 
 

国内トライアスロン:スイムへの準備「チェックリスト」


・腕時計(防水)
・ウェットスーツ
・下に着る、
      →バイクラン用のブラジャー
      →バイクラン用のパンツ
      →バイクラン用のタンクトップ
・スイムキャップ(大会で支給される)
・ゴーグル
・ゴーグル曇り止め
・補給ゼリー
・ワセリン
・スポーツタオル
・補給ゼリー、ドリンク、飴(足がつる対策にはレース前に塩分)
・ワセリン(ワセリンをつける時に便利なビニル袋)
 ※ワセリンがゴーグルにつくと見にくくなって大変です。
・ビーチサンダル(事前練習の時にだけ使用)

・汗拭きシート大(海水のべたつきを気にして用意)
 ※ペットボトルに水をいれて、その水で体についた海水を流している人もいました。スイムゴール地点からバイクトランジットまでで、シャワーも用意されていました。

 ※ワセリンは、肌とウェアの摩擦を防いでくれます。首や腕まわりの裾部分へワセリンを入念に塗り込んでおかなければ、トライアスロン距離を完走する頃には酷い擦過傷を抱えることがあるようです。このときに、ワセリンの油分がゴーグルにつかないようにしましょう、視界が悪くなります。

 
 

国内トライアスロン:バイクへの準備「チェックリスト」


・バイク、タイヤ2、パンク対策品
・バイクのギアオイル
・バイク靴
・バイクラン用の靴下
・グローブ
・バイク半袖シャツ
・バイクのお尻パッド付き短パン(スイムでウェットの下に着る場合が多い)
・バイク帽子(日焼け対策、汗対策。長髪をとめる。)
・バイクヘルメット
・バイクサングラス
・バイクの計測器
・ゼッケンベルト(あると便利なもの)
・補給ゼリー
・補給ドリンク&ドリンクホルダー
・日焼け止め
・空気入れ(レース前にチェック)
 
※大会前に事前にバイクメンテナンスを購入店でしてもらうと良い。
※私の場合は、練習中にギア側で転んでしまい、ギアがうまく効かなくなっていました。
※命を預けることになるので、点検はしっかりしないと危険ですね!

 
 

国内トライアスロン:ランへの準備「チェックリスト」

・ラン用の腕時計
・ランのサングラス
・ラン靴下
・ラン用の帽子
・汗拭きウェットシート大
・補給ゼリー、補給ドリンク
・バイクで使ったものを入れるリュック
 
 

国内トライアスロン:用意しておくとよかったもの

・予備の防水時計
 
防水時計の予備があると、もしもの時に使えて良いと思います。
今回、appleウォッチを持参していったのですが、スイムの前に壊れてしまいました。
自転車の近くに、持ち物として地面においておいたのですが・・・
目を離したときに、どなたかに、踏まれてしまったようです(T_T)
地面においた私が悪いですが、もしものときに防水時計があるといいかなと思いました。

 
・中に被るためのスイムキャップ(寒さ対策)
スイムキャップは支給されたものを使います。
事前説明会の際に教えていただいたのですが、寒い場合にはスイムキャップを重ねると寒さ対策になるそうです。
水温が冷たい時期には、大会用のスイムキャップの下に持参したスイムキャップを被っておくのが良いですね!

・ミラー加工つきのゴーグル(予備)
スイムのときに、日差しが強いときは海面の反射が強烈な場合の対策です。
クリアなゴーグルよりも、反射加工がしてあるミラータイプのゴーグルの方が
視界をしっかり確認できるようです。
競技に慣れている方が、持っていると安心と教えてくれました。
その日の天候で、スイム時のゴーグルを選ぶそうです。
 
 
 

国内トライアスロン:準備「チェックリスト」まとめ

トライアスロンレースへの持ち物準備をまとめてみました。
私は、女性なので眉ペンなども書いています。
不要なもの、追加で必要なものをイメージして、オリジナルに更新していただければと思います。

 

これから、トライアスロンシーズンで大会も多くなってきます。
慣れていないと準備物なども不安があると思いますので、
参考にしていただければと思います。

事前準備もバッチリで、不安なくワクワクしながら本番を迎えたいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

気になったこと、お気に入りなこと等をブログ記事として発信していきます(^_^) 少しでも楽しんでもらえたり、何かお役に立てるような記事にしていきたいと思います レベルアップしながら書いてまいりますので、楽しんでいただけると嬉しいです!