【ほうれい線をなくす(舌の位置)】3日で消えた?小顔にも効果ある方法とは

最近、フェイスケアや小顔、ほうれい線について情報収集が日課になっています。

調べていて面白い情報がわかりました。

なんと10代後半からずっと気にしていたほうれい線が、3日でほうれい線が消えた実例もあるほどです。

今回、注目しているのは「舌の位置」です。

これまでにも小顔にも大切であったりという情報を聞いたことはあったのですが、新たな発見がありました。

この舌の位置が間違っている場合は、日常的に正しい位置になおすだけで効果が凄いかと思います。

ぜひ、ほうれい線が気になっている方は一緒に実践していきましょう(^^)

ほうれい線をなくすための正しい舌の位置

正しい舌の位置は、どこなのか?

気にせずに過ごしている方が多いともいます。

わたしも、特に気にせずに過ごしていました。

ところが、この舌の位置を正しい場所にすることで、ほうれい線が薄くなったり、小顔になったりするそうです。

この正しい舌の位置について、ご紹介していきます。

 

この画像を見てください。どちらが正しい舌の位置でしょうか?

正解は、、、、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

(※考え中の方のために

(※発表までに余白をおいています。)

(※スクロールして確認してください)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

① 舌が上のアゴにピッタリ付いている位置が正しいです。

ご自身の舌の位置は、いかがだったでしょうか?

 

この①と②の中間レベルの舌の位置の方もいらっしゃると思います。

例えば、舌先だけ、上のアゴについている状態の方です。

 

私も、舌先だけが上アゴについている状態でした。

これでも、①に含まれていて正しい舌の位置かと、てっきり勘違いしていたのです。

ただし、舌先だけが上アゴに付いているのは、すでに舌の筋肉が弱ってきています。

舌全体がピタッと上アゴに全部がついているのが、正しい位置です。

上のアゴにピッタリついていない状態であると、舌の筋肉が衰えている状態なのです。

 

舌が正しい位置にあるかの確認方法

私がそうだったのですが、舌の上のアゴにピッタリつけるなんてできるのか?と思う方もいらっしゃると思います。

舌先がついているということが、舌が上アゴについているということで解釈していいのかな?と勝手に解釈したりしそうになりますよね。

(※舌先だけ上アゴについているのは、正しい位置ではありません。)

 

「舌を上のアゴにピッタリって、どういうこと?!」

その正しい状態を確認するためにわかりやすい説明を教えていただきました。

それは、子供の頃にやったことがある人も多いと思う動きです。

舌を上あごに吸いつけて「ポンッ」と鳴らす遊び、したことある人もいますよね!

あの音が鳴る直前には、舌が上アゴにぴったりとくっついています。

常にその状態が正しい舌の位置なのです。

衝撃ですよね。

正直、つかれます。(笑)

逆言えば、舌の筋肉が衰えてしまっているから、正しい位置をキープするのが疲れてしまうということです。

 

舌の正しい位置である

上のアゴにぴったり付いている状態

になっているか確認方法

舌を上あごに吸いつけて

「ポンッ」と鳴らすときの

「ポンっ」と音が鳴る直前の状態

になっているかをチェック!

 

舌を正しい位置にすることの効果

舌をただしい位置にすることでの効果は、ほうれい線をなくすことだけではありません。

まず、舌を正しい位置にすることの効果で大きなものは、口呼吸ではなくて鼻呼吸ができるようになることです。

そして、口呼吸から鼻呼吸にするときの効果でいくつか代表的なものを列挙します。

 

・肩こりや首こり解消

・口呼吸から鼻呼吸になる

・ほうれい線の解消

・小顔になる

・風邪をひきにくい

・疲れにくくなる

 

 

ほうれい線が3日で消えた体験談

舌の位置を正しくしただけで、ほうれい線が3日で消えたという方がいます。

中学生頃から、くっきりあるほうれい線で半ば諦めていたほうれい線でした。

そんなときに舌の位置を正しくするということを聞いて、試してみたのです。

嘘みたいな話しに思うかもしれませんよね。

効果のあるなしは、その人の状態やほうれい線ができてしまった表情癖や習慣にもよると思います。

ただ、舌の位置をなおすことだけで解消する場合もあるというのは、やってみようと思いますね!(^^)

 

ほうれい線が薄くなったらラッキーですし、薄くならなかったとしても、口呼吸が鼻呼吸になることでの様々な健康効果もあります。

ぜひ、ほうれい線が気になっている方は一度試してみてください。

 

まとめ

ほうれい線が3日で消えて、小顔にもなったという体験談からの記事を書きました。

その方法は、舌の位置を正しい位置にすることです。

正しい舌の位置は、舌が上アゴにピタッとくっついている位置です。

 

口の中で舌を上アゴにつけてから弾いたときに、「ポンッ」と音を鳴らすことができますか?

そのポンっと鳴らす直前の舌の位置が、通常の正しい位置です。

 

舌を上アゴにピタッとつけることは、現代人に多い口呼吸な状態を鼻呼吸に変えることにも繋がります。

 

これまで舌の位置が上アゴにピタッとなっていなかった方は、舌の筋肉が衰えてしまっています。

そのため、すぐに舌を正しい位置にすることは難しいでしょう。

気づいたときからピタッと上アゴにつけて過ごすことをトレーニングして変えていくのがオススメです。

舌を正しい位置にすることのメリットは、たくさんあります。

 

ほうれい線が消えたり小顔の効果もありますが、健康になれるのもいいものですね。

試して行ってみてほしいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<ほうれい線に関しての記事はいくつかあるので、気になる方はチェックしてみてください。>

【ほうれい線なぜ出てきた?】原因になる表情癖や習慣を解説!マッサージやエクササイズが逆効果にも。

ナールスネオの口コミと感想!ほうれい線への効果の実体験・使用レビューも

小顔習慣:表情筋トレーニングに顔ヨガが評判!目の下たるみ&むくみに効果的な「ムンクの顔」を解説

 

ABOUTこの記事をかいた人

気になったこと、お気に入りなこと等をブログ記事として発信していきます(^_^) 少しでも楽しんでもらえたり、何かお役に立てるような記事にしていきたいと思います レベルアップしながら書いてまいりますので、楽しんでいただけると嬉しいです!