ガクトの英語勉強法!発音を学習して1年で話せる実践方法

YouTubeのガクトチャンネルで英語学習企画が始まりました!

”ガクト先生と一緒に英語を勉強し、1年間で英語が話せるようになる!”という画期的な企画です。

ガクト流の正しい英語の勉強方法について、まとめましたのでシェアします。

英語を勉強したかった方、ぜひ確認してみてください(^^)

GACKT流の英語学習方法とは

正しい発音が大切!

母国語以外の語学学習では、「正しい発声ができるようになると、言葉のコツがわかる!」そうです。

そこで、ガクト先生の英語学習チャンネルとしては、正しい発音で英語を話せるようになるための英語学習動画を今後YouTubeで提供してくれるようです🌟たのしみですね(^^)!

英語脳になるための6ステップ

英語脳になり、正しい英語の発音をできるようになるためには6つのステップで学習していくことがポイントです。

そのガクト流学習方法について、まとめました。

【1】必ず毎日続ける!

基本的なことですが、毎日続けることが必要です。

一気にやろうとするのではなく、まず毎日続けることを重視してやっていきましょう!

 

 

【2】正しい発声ができるようになるまでやる!

正しい発音ができるようになるまで練習を続けて、毎日一つづつ学習していきます。

読み書きができても、実際に対面での英語コミュニケーションを取ることができません。

英語で会話できるようになるために、まず発音に重きを置いて学習していくのがガクト流の大事なポイントです。

 

【3】手鏡で口の形を確認しながら、練習する!

話せない人は、英語を話しているときの正しい口の形を認識していないのです。

そして、自分がどんな口の形で英語を話しているか認識していないので、現状も理想像も認識していないので修正できず話せません。

正しい英語の口の形を認識して、自分の口の形も確認しながら、練習することが大切なのです。

そして、大声で話してみる。

日本語母音にない言葉で話すのが英語ですから、新しい言語として丁寧に、”発音に必要な口の形”と”表情”を覚えていきます。

発音の仕方を口の形も学んで真似ていくイメージです。

 

【4】自分の発音とガクトの発音(正しい発音)の違いを知る

ガクト先生の正しい発音と、自分自身の発音の違いがあるか確認します。

そして、その違いを少しづつ修正して、正しいガクト先生の発音になるように繰り返し練習していきます。

便利なアプリでガレージバンドなどアプリがあるので、アプリを使って実践してみましょう!

ガクト先生が動画で話していたガレージバンドというアプリは作曲のためのアプリのようです。

録音ができれば良いのかもしれませんが、高度なアプリもあるようですので気になる方は、チェックしてみてください。

※参考:ガレージバンド

 

【5】Siriに向かって、正しい発音ができているかチェックする

アイホンiphoneの音声認識機能である”Siri”を使って、英語で呼びかけてみます。

正しい発音であれば、Siriが認識してくれるので確かめの意味で使ってみるのです。

ただし、使い方の注意点としては”正しい発音でできているか確認”の目的なのです。

間違っている発音でも、ユーザーの癖のある英語としてSiriに覚えさせるのは間違いです。

 

【6】今日覚えたことを、何も見ずに誰かに教える

英語学習でメモることに重要視する人もいますが、 メモる必要はなく覚えることが大切です。

そして、知識として習得するために大切なことは「何もむずに誰かに教える」ことです。

実際に何かを勉強してわかった気になっていても、実際には覚えきれていないことがあったりします。

誰かに話そうとしてときに、「あれ?なんだったかな?」と理解してなかったことがわかったり、覚えてなかったことがわかるものです。

そのため、何もみずに「誰かに教える」ということを最後のステップとして実践します。

ここまでがガクト流の語学(英語)勉強方法6ステップです。

綺麗な発音で、アメリカネイティブ英語を話せるようになるのはカッコいいですね(^^)!

 

基本にするのはアメリカ英語

ガクト先生の英語学習チャンネルでは、アメリカ英語を元にします。

英語は、たくさんの国で母国語としても、第二言語としても使われています。

そのため、一言で”ネイティブ英語”といっても、同じ英語の発音ではありません。

今回、アメリカ英語の練習をしていきますが、その理由も教えてくれていました。

なぜイギリス英語ではないのか?

イギリス英語では無い理由としては、イギリス英語は日本語の母音に似ている要素があるようです。

アメリカ英語は、日本語の母音とは全く違います。

イギリス英語の場合は、似た部分があるため、新しい言葉としての認識が甘くなり、これまでの日本語発音で乗り切ろうとするのです。

そうしますと、日本語英語として癖のある部分が残ってしまったり、言いづらい発音が残ってしまいます。

イギリス英語に比べて、アメリカ英語は日本語と全く違う発音だと認識できます。

これまでの日本語母音を使おうとせずに、新しい発音を覚えて練習できるため、新たな言語として綺麗な発音を覚えやすいです。

 

「字幕なしでハリウッド映画を楽しみたい」に応える

「映画をそのまま観れるようになりたい!」というのは、よくある英語学習者の小さな夢だったりしますよね。

ガクト先生も、この要望を聞いたことがありますが、このときの”映画”といっているものは、インド映画やイギリス映画などよりも、ハリウッド映画が多いということを仰っていました。

そのため、「映画を字幕なしでみたい!」に応えるための英語学習は、アメリカ英語なのです。

 

ハリウッド映画「ナイト&デイ」を教材に1年で英語習得

ハリウッド映画のナイト&デイを教材にすることが、YouTube動画のなかで発表されました。

ハリウッドの王道俳優であるトムクルーズと、王道女優であるキャメロンディアスがW主演で放つ極上のスパイアクションです。

個人的にアクション映画で爽快にカッコいい映画は好きなので、嬉しいです。

アクションと、ラブストーリーが入っていて、物語としてもお気に入りです。

正しい発音がわかって、トムクルーズとキャメロンディアスの二人の会話を聞けるようになるのは、楽しみですね〜(^^)

ナイト&デイは、こちらの作品です。

まだ知らなかったり、もう一度みたいと言う方は、チェックしてみてください。

ちなみにGACKT先生は、初回までに見ておかなくても見ておいても、どちらでも良いと話しておりました⭐︎

ナイト&デイをアマゾンプライムで観るには

ナイト&デイ(字幕版)

ナイト&デイをDVDやBlue-Rayで観るには

 

GACKTによる英語ガク習塾開講についての動画

今回2020年4月25日に「英語ガク習塾 Lesson 0 〜塾長のご挨拶〜」として、英語学習企画のスタート動画が公開になりました。

ここから1年間で、ハリウッド映画の「ナイトアンドデイ」を教材として、英語学習を進めていくことが発表されています。

ステップバイステップで、英語ガク習塾の仲間とガクト先生と英語が話せるようになるといいですね(^^)

GACKTによる英語ガク習塾の受講で用意するもの

用意するものは、自分の口の形をみるための手鏡だけです。

ノートやペンも必要ありません。

GACKT塾長のレッスン中には、紙で書いて覚えようとせずに、発音をしっかり聞き、正しい発音を繰り返し声に出し、口の形をチェックしながら受講するのがGACKTの学習塾の視聴方法です!

どうしてもメモをしたい場合には、繰り返し視聴の2回目以降にメモを取るようにしてくださいとGACKT塾長メッセージがありました。

 

第一回目の動画2020年4月28日

ついに第一回目が公開されましたね!

ここからスタートして年末には、英語を話せることを目指したいですね!(^^)

動画スタートでお話されたチェックポイントは、”舌の位置”&”口の形”と発生をリンクさせること!です。

かなり本格的な英語レッスンですよね。

ぜひ見てみてください。

 

まとめ:1年で英語脳にして話せるようになるGACKT流をやってみよう!

「英語をはなせるよになりたい・・・」

いつからか、できたらいいな〜という願望として、いつも心の中にありました。

せっかくの機会なので、GACKT先生の英語塾で一つずつクリアしていって、1年かけて話せるようになりたいと思います(^^)!

興味を持った方は、ぜひ一緒にスタートしてみませんか(^^)

英語のことも、また更新しますね。

最後までお読みいただき、有難うございました。

ABOUTこの記事をかいた人

気になったこと、お気に入りなこと等をブログ記事として発信していきます(^_^) 少しでも楽しんでもらえたり、何かお役に立てるような記事にしていきたいと思います レベルアップしながら書いてまいりますので、楽しんでいただけると嬉しいです!